OKANOでは、ネクタイを「衿帯」といいます。日本にネクタイを紹介したのは、かのジョン万次郎だとか。和装が一般的だった時代、ネクタイは衿元の帯つまり、衿帯と呼ばれていました。 帯といえば博多織。博多織は、着物を着る方々に最も締め心地が良いと評判が高い織物です。 一度締めると緩まないことから、武士にも愛用されました。たて糸を通常の織物よりも多く使うことでこのような特徴が生まれます。先染(先に糸を染めてから織ること)であることから、絹本来の光沢が重なり、重厚感を演出します。もちろん福岡にある我が工房で製織した正真正銘の博多織です。