霰縞 赤×白

商品コード : 04H2059899RW
価格 : 円(税込 円)
数量
 
        
  •      
コレクション
赤×白
素材
絹100%(博多織)
約31cm
仕様
お仕立済み(平仕立て)
原産地
日本
一年中締められる、リアルクローズな名古屋帯。
awaiを代表するデザインの帯でもあります。
アンテイークの博多帯(昭和初期)のデザインの中から復刻させて、現代の配色にして作ったシリーズです。
献上柄のイメージをもたせつつも(独鈷・華皿模様)、シンプルな柄にすることで、非常に使いやすい、現代感覚の帯となっております。


小さな四角=「霰」(あられ)が縞状に並んだ、awaiオリジナルデザインの「霰縞」シリーズ。
この「霰縞」は、初期にご紹介して人気でした、同シリーズ帯の意匠をアレンジし、霰縞をより繊細に織り出しております。配色もよりクールで上品に、グッとモダンに、ひと味ふた味、洗練された雰囲気にしたものです。

通年ご使用いただけます。

一見インパクトのある帯に見えますが、浮けの霰の部分ともう片方の縞の部分の色が違うのにお気付きでしょうか?
同じような白色の中にもそれぞれ黄色と青色が微妙に入っているので、イエローベースのお着物にもブルーベースのお着物にも合わせることができるのです。微妙な色の違いによって反対色や系統の違う色の着物にもあわせられる汎用性のあるデザインなのです。

一般的に「平地(たてうね織)」と呼ばれる帯で、四季を問わず、1年を通して締められる1枚仕立て(裏地や芯が入らないタイプ)となっています。小紋・紬・木綿などのお洒落着に合わせてどうぞ。袷にも単衣にも、そして夏には浴衣や夏着物にも合わせてお楽しみください。「浴衣や木綿着物に半巾帯ではラフな印象になってしまうので、「お太鼓にしたい。」という時にもおすすめの一本です。

価格も抑え目の設定になっており、汎用性も大変高いお品ですので、これから色々揃えたい方へも特におすすめです。


今回は今までにないビビッドな色を使って織り上げました。一見あわせるのが難しそう・・・と感じられるかもしれませんが、コーディネートを始めると意外にいろいろ組み合わせが楽しめます!上品でいながら目を引く、そんな表現がぴったりの色合いです。

awaiの帯はシンプルで、色が入っていないようにみえて、微妙な色の違いをつけることによって、いろんな色を合わせやすくしている、非常に考えられたデザインです。是非、店頭で実際お試しください。



同商品は「平仕立て」にてお仕立済みとなっている為、すぐに着用して頂くことが可能です。
「平仕立て」とは、手先と胴に来る部分を半幅にせず、全体を開いた状態のお仕立てです。お客様の体型に合わせて巾を調整して頂くことが可能です。