華硝子 白×水色

商品コード : H10575E0NA
価格 : 円(税込 円)
数量
 

SOLD OUT

        
  •      
コレクション
白×水色
素材
表地 絹85%以上 ポリエステル・レーヨン指定外繊維(紙)(金属糸風)15%未満(博多織)
約31cm
仕様
受注後お仕立て(平仕立て)
原産地
日本
万華鏡のような華やかさを、織りで表現した袋帯です。
awaiが新しく挑戦するTOKYO KIMONOを象徴し、洗練され、質の高い帯が織り上がりました。

絹の光沢感に、銀糸の煌めきを加えた ドレッシーな袋帯。
少し改まった席やお出掛けなどにぴったりの1本です。
モザイクタイルをモチーフにしたデザインは、華やかさとスタイリッシュさを兼ね備えています。

大柄なデザインですが、色を控えめにすることで華やかさはそのままに、すっきりとした印象の帯になりました。

Tokyo Mosaic カレイド シリーズ
モザイクは、シュメール文明(紀元前3500年ぐらい・諸説あり)から伝わる人類が発明した最も古い装飾技法の一つで、石、陶磁器、硝子、木などをの小片を組み合わせて創られます。
当工房は、そのモザイクを絹糸で表現することに挑戦しました。高密度な絹織物で創作されるTOKYOMOSAICの帯は、しっかりとした存在感があります。
また、カレイド・シリーズは、光を取り込んだ万華鏡の美しさをエレガントで、ドレッシーな帯にデザインしています。

華硝子 Hanagarasu
今回紹介するのは「華硝子」という柄になります。
モロッコの古都メクネスの宮殿のモザイクなどで有名な、華文調のモザイクをモチーフに構成されたデザインです。
小紋・紬のカジュアルから色無地・江戸小紋・付下まで幅広くコーディネートして頂ける帯です。程よい華やかさが、パーティー・シーンなどにも最適です。

職人の目線
TOKYO MOSAICは、絵緯という技法で織られています。できるだけ少ない色数で奥行きのある表現ができるように、色と色の重なり具合を絶妙に設計しています。
それは、可能な限り手薄く、軽くするためでもあります。織物は、三次元構造ですので、二次元のデザインを基に、美しい設計図をつくる、意匠という仕事が重要になります。
意匠の技術は、世界でも日本が間違いなくトップレベルにあると自負しています。職人の技を実感できる逸品だと思います。

白に薄いブルーを加えた、若々しくも品のある配色です。

※同商品は、ご注文後お仕立てへと進ませて頂きますので、2〜4週間のお時間を頂く場合がございます。お届けの時期につきましては、別途 当店よりご連絡差し上げます。