UTSURO BIRD カワセミ UTSURO BIRD カワセミ UTSURO BIRD カワセミ
UTSURO BIRD カワセミ UTSURO BIRD カワセミ UTSURO BIRD カワセミ

UTSURO BIRD カワセミ

商品コード : 01D4SK04Q1AR
価格 : 96,000 円(税込103,680 円)
数量
 
        
  •      
コレクション
カテゴリー
素材
絹100%
サイズ
180cm×90cm
原産地
日本

UTSUROは、変わりゆく時の移ろいの瞬間を捉えたグラデーションが美しいシリーズです。日本の四季の移り変わりの美しさは、私たち日本人の美意識の根幹です。時間の移り変わる様の中に、わび・さびを見出しました。自然の中には多種多様な色彩美があり、その全ては、絶妙なグラデーションの調和で成立しています。私たちは、そんな美しさを表現することに挑戦しました。羽衣のような透け感のあるシルクシフォンが風をはらむ時、いつかどこかで見た人々の記憶の中にある永遠の景色が蘇ります。


UTSUROは、京都の染工房で1枚ずつ職人の手により刷毛暈しという技法で手染めされています。染めは水と深い関係があります。京都の特別な水質でしか表現できないグラデーションです。型のない職人の手の感覚だけが頼りの暈しの技法で染められていますので、仕上がった1枚のスカーフは、唯一無二なオンリーワンの1枚といえます。


日本の鳥シリーズ(キジ・クジャク・ツル)に続き、今シーズンは、世界中の美しい鳥の体色を 暈し染めのグラデーションと繊細なシルクシフォンの透明感で表しました。京友禅の引き染工房の刷毛暈しによる職人技が冴え渡るシリーズです。


「ケツァール」 グアテマラの国鳥であるケツァールは、メキシコ南部からパナマにかけての山岳地帯の森林に生息しており、カザリキヌバネドリの和名を持ちます。古代アステカでは、農耕神ケツァルコアトルの使いと崇められ、その羽を身につけることは、最高位の聖職者と王だけに許された特権でした。 ケツァールは、鳳凰の一種の鸞(らん)という説もあり、鳳凰がキャラクターのOKANOでは、身近に感じる鳥でもあります。

「インドクジャク」 主に南アジアの1,500m以下の落葉樹林に生息するインドクジャクは、最大全長2m30cm、頭頂には扇状に羽毛が伸長する冠羽が見られます。ヨーロッパでは、食用とされることもありましたが、生息地では、神聖な鳥として保護されています。

「カワセミ」 カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見えるのだそう。構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理だといいます。この美しい外見から「渓流の宝石」と呼ばれています。特に両翼の間からのぞく背中の水色は鮮やかで、光の当たり方によっては緑色にも見えることから漢字名は「翡翠」と表記されます。

「アメリカハクトウワシ」 アメリカインディアンの多くの部族は、ハクトウワシを聖なる生き物と見なす文化を持ち、ハクトウワシやその羽を儀式や正装に用いています。インディアンによるワシの羽の利用は「Eagle feather law」で規定されているほどです。アメリカでは様々なシンボルマークとして用いられる存在であり、1984年開催のロサンゼルスオリンピックのマスコット・イーグルサムは有名です。

「フラミンゴ」 孵化した直後のフラミンゴの体色は白く、プランクトンや藻類(スピルリナ)を摂取することで紅色になるといわれています。フラミンゴ(Flamingo)という名前はラテン語で「炎」を意味するflammaに由来しています。 シフォンの透け感があるため、各色、鮮やかな色ながら派手な印象をあたえません。イブニングドレスのショールとして、また、和装の塵除けとしても重宝な1枚です。もちろんカジュアルにざっくり巻いていただいても、それだけで様になるクオリティと存在感を醸す高感度なファッションアイテムです。